飯田市 歯科|ママと子どもにやさしいファミリー歯科クリニック。口腔ケアや摂食嚥下障害治療と、在宅歯科治療もしています。

お知らせ

歯と口の健康週間 6/4~10

      お知らせ      なかや

6月に入り、大分蒸し暑さが増してきましたね。

今日は雨。

気温や湿度が高くなると、食欲も落ちがちですが、しっかり食べて健康を維持しましょうね♪

そのためには「歯」がとっても大切です。

そして今日、6月4日から10日までは、歯と口の健康週間

健康で丈夫な歯をキープするためには、よく噛んで食べることが大切です。

 

 

卑弥呼の時代(弥生時代)は1食で噛む回数が3,990回だったのに対し、現代の食生活ではなんとその6分の1以下の620回しか噛んでいないのです!

 

弥生時代の献立の例として挙げられるのは、玄米(もち米)、ハマグリのうしお汁、鮎の塩焼き、長いもの煮物、魚の干物、ノビル、もろみ、クルミ、栗 など。

 

現代よく私たちが口にするものには、ロールパン、コーンスープ、ハンバーグ、スパゲッティ、ポテトサラダ、プリン など、軟らかい食べ物がたくさん…

 

軟らかく食べやすい料理や加工食品が増え、昭和初期の頃の食事と比べても、噛む回数は半分になってしまっているようです。

 

         

 

よく噛むことにはメリットがたくさん!

「ひみこのはがいーぜ」(卑弥呼の歯がイーゼ)と覚えてくださいね♪

 

ひ → 肥満防止:よく噛んでゆっくり食べると食べ過ぎを防ぐことにつながります。

 

み → 味覚の発達:食べ物の形や固さを感じ、味がよく分かるようになります。

 

こ → 言葉の発音がはっきり:口の周りの筋肉を使うことで、あごが発達し、表情が豊かになったり発音がきれいになったりします。

 

の → 脳の発達:脳に流れる血流量が増え、発達につながります。

 

は → 歯の病気予防:噛むと唾液が多く分泌され、むし歯や歯周病の予防になります。

 

が → がん予防:唾液に含まれる酵素は、食品中の発癌物質の作用を抑えてくれます。

 

い → 胃腸の働きをよくする:消化を助け、胃腸の働きを活発にします。

 

ぜ → 全身の体力向上・全力投球:丈夫な歯とそしゃく力があると、運動するときなどにしっかり歯を食いしばり力が出せます。体が活発に動くと、仕事や遊びにも集中できます。

 

 

 

普段の食事をちょっと意識して、噛みごたえのある食材を取り入れたり、切り方・調理の仕方を工夫してみてはいかがでしょうか。

 

たくあん、さきいか、ニンジンなどの生野菜、ナッツなどの食品を積極的にとったり、同じ食材でも、大きめに切ることで噛む回数が変わってきます。

 

また、子どもさんには「ゆっくり食べようね」と声がけをしてあげることも有効です。

 

子どもにとっても大人にとっても、噛んでいることを意識しながら料理をよく味わい、食事を楽しむ機会を積み重ねていくことは、脳への適切な刺激につながります♪

 

小児矯正(体操)用の部屋ができました♪

      お知らせ      なかや

こんにちは、いかがお過ごしでしょうか。

新学期が始まり約1か月半が経過しましたが、

さっそく歯科健診が実施された小学校や幼稚園・保育園もあるのではないでしょうか。

健診結果によっては、むし歯のほかに、咬合や歯列に問題のある場合も歯科受診を勧められますね。

 

     

 

歯科医院なかやでは、筋機能療法を用いた小児歯科矯正にも力を入れています。

この小児矯正は、お口や体全体の機能とバランスを高めることにより、ワイヤーを装着せずにきキレイな歯列を獲得するものです。

 

ワイヤーがないため、歯ブラシが楽で、運動時などの危険がない、見た目を気にしないで済むなどたくさんの利点があります。

ワイヤー装着の代わりに、マウスピースを使用したり、お口と体の簡単なトレーニング(体操)をしたりします。

 

 

      

 

 

歯科医院なかやに受診いただいた際にも一緒に体操をしますが、今まではそのための場所があまりとれず、チェアサイドの狭い空間でやっていました。

ほかの患者様に、体操の際の足音などでご迷惑をおかけすることもありました。

 

が、この度、診療室を拡張し、矯正の体操用に部屋を新設いたしました!!!

今までよりもかなり広くなり、声や物音をたてることを気にしないで済むようになりました。

のびのびと体操し、健やかなお口・身体を目指しましょうね♪

 

 

 

 

GW休診のお知らせ

      お知らせ      なかや

こんにちは。

すっかり温かくなり、木々の緑が目にまぶしく、あちこちで目にする花の色に心が躍る季節ですね♪

そろそろGW。

こんな季節には自然の中で過ごしたり、庭仕事に精を出すのも楽しいですね☺

 

歯科医院なかやのGWの休診日をお知らせいたします。

 

4/30(金) 訪問診療のみ となります。

5/1(土)~5/5(水) 休診 とさせていただきます。

*なお、4/29(木)および5/6(木)は通常通り休診日になります。

 

ご迷惑をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

 

むし歯になる要素とその予防

      お知らせ      なかや

甘いものは食べたいけれど、できればむし歯にはなりたくない…

ではどんな時にむし歯ができてしまうのでしょう?

 

むし歯ができる4つの要素

 

むし歯には

・食品中の糖

・口の中の虫歯菌

・歯の周りに酸が停滞する時間

・歯と唾液の質

の4つの要素すべてが影響しています。

 

むし歯のできやすさは親からの遺伝、と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。

確かに、むし歯のなりやすさを決める歯や唾液の質といった体質が遺伝することはありますが、むし歯は気をつけることで予防が可能です。

虫歯を予防するため必要なことは…     

・正しい歯磨き

食事をして歯を磨かないでいると、歯の周りに白くてネバネバした歯垢(プラーク)が付着します。その中にいるたくさんの細菌が、糖をエサにして酸を出し、歯が溶けていく原因となるのです。

毎食後の歯磨き、そして1日1回はしっかりと時間をかけてブラッシングするのが理想です。フロスも使うと歯と歯の間のプラークも除去できるので、なおGoodですね!

また、だらだら食べでは常に口の中が酸性に傾いてしまいます。食事と食事の間は時間を空け、溶けた歯が唾液の作用により修復される時間をつくってあげることが大切です。

 

・定期的な歯科受診

プラークがたまると膜のようなものが形成されて普通の歯磨きでは落としきれなくなってしまいます。

定期的に歯医者でクリーニングしてもらい、虫歯菌の温床を取り除きましょう。

 

・野菜を多くとる

砂糖はもちろん、むし歯の大きな原因となりますが、食品中の糖は甘いものに限られません。ご飯やパンに含まれているでんぷんも、アミラーゼによって分解されると糖に分解されます。

それに対し、野菜はほぼアルカリ性の食品です。口の中の酸を中和させてpHの低下を防いでくれます。

        

・水分補給

こまめに水分補給することで、口の中のpHを中性に保ってくれる唾液の量を増やすことができます。また、ドライマウスでは歯垢がいつまでも口内に残ってしまいます。

先月お伝えしたエクササイズにあるような、唾液腺のマッサージをするのもおススメです。

 

 

むし歯になってしまうかどうかは、普段の習慣が大きく影響しています。

上にあるようなことに気をつけて毎日を送ってくださいね♪

乳歯のむし歯に要注意!

      お知らせ      なかや

「乳歯の虫歯は広がりやすい 放っておくと永久歯に影響が出ることも」

 

 ご自分の乳歯のことを覚えていますか。私はグラグラした乳歯が気になり、ずっと舌の先で歯を触っていました。グラグラするのがだんだん激しくなって歯が抜けると、その歯の歯茎に埋まっていた部分がギザギザになっていて指先でなぞった記憶があります。

 

 このギザギザした部分は歯の根=歯根(しこん)=が溶けて残ったところです。歯根は歯茎に埋まっている支柱のようなものですが、その乳歯の後に生え替わる永久歯がある場合、時期が来たら溶け始めます。破歯(はし)細胞という細胞が分泌する酸などにより、歯に含まれるリン酸カルシウムの一種であるハイドロキシアパタイトが溶けていきます。この破歯細胞は通常、歯が生え替わる時のみ現れますが、歯科矯正治療などで歯に強い力や長期間にわたる持続的な弱い力がかがった時などにも出てくることがあります。

 

 生え替わる永久歯が何らかの原因で作られない場合や、生え替わる永久歯の位置や形に異常がみられる場合、乳歯がそのまま口の中に残ることが多いです。これは特に真ん中から5番目にある第二乳臼歯に起こりやすく、「晩期残存(=ばんきざんぞん)」と呼ばれます。歯科医師から「乳歯が残っていますね。」と言われた方もいらっしゃると思いますが、いずれ抜けてしまうことが多いため、その歯をどうするかを歯科医師と相談した方がいいでしょう。

 

             

 

注意したいのは、乳歯は永久歯より虫歯になりやすく、虫歯が広がりやすいつくりになっていることです。歯の神経と呼ばれる歯髄(しずい)にまで虫歯が広がると歯は死んで枯れ木と同じ状態になってしまいますが、乳歯の場合歯の表面を覆うエナメル質、その内側にある象牙質が永久歯に比べて薄いため、虫歯が歯髄まで広がりやすいです。また乳歯の表面を覆うエナメル質は永久歯のそれより未熟でやわらかいつくりになっているため、虫歯が奥深く進行する原因になります。

 

 虫歯の部分は黒くなっているイメージがありますが、虫歯の初期の状態で見られる白く濁った部分ではハイドロキシアパタイトが溶けているため、放っておくと虫歯が広がる可能性があります。この場合、その後に生える永久歯のエナメル質などが十分できなかったり、永久歯の歯並びに悪影響を及ぼしたりするため、「いずれ生え替わるから治療しなくてもいいや」とは思わないでください。お子様の乳歯を見て「虫歯かも」と思ったら、早く歯科を受診しましょう。

 

         

 

◆中塚美智子 大阪歯科大学医療保健学部准教授。歯科医師、労働衛生コンサルタント、1級キャリアコンサルティング技能士

ひな祭り

      お知らせ      なかや

年度末になり、慌ただしい時期ですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

4月並みの暖かさで始まった3月ですが、今日、3月3日は『ひな祭り』です。

歯科医院なかやでも、受付の横にお雛様の飾りつけをしましたよ♪

 

     

 

ちょうど桃の花が咲く頃で、『桃の節句』とも呼ばれますが、女の子の健やかな成長と幸せを願って祝うひな祭り。

今も昔も、素敵な女性に成長してほしいという親の思いは不変ですね。

(そして男の子は素敵な男性に!)

 

男の子も、女の子も、いつも明るく笑顔を絶やさない人は、周りの皆から愛されます。

この先長い生涯、自信をもって笑顔を見せられるように、小さい頃から歯とお口のお手入れを習慣づけてあげてくださいね。

 

お子さんの時間のある春休みには、ぜひ歯医者で健診をおススメいたします。

新学期の前に、今一度お口の状態を確認してみてはいかがでしょうか。

 

     

美容とオーラルフレイル予防に お口周りの簡単エクササイズ ♪ 

      お知らせ      なかや

皆さん、こんにちは。

温かい日があったかと思うと、また冬のような寒さに逆戻り…

こんな気候の時には体調を崩しやすいもの。

どうぞご自愛くださいね。

 

さて、前回のブログでマスク・マウスについて取り上げましたが、今回もマスクにまつわるお話です。

マスクをしていると、あまり表情筋を動かさなくなりますね。

そのため口角が下がり、頬のたるみやしわ、ほうれい線が目立ってくることが心配されます。

また、喋らなくなることで口の周りの筋肉を動かさなくなり、その筋肉が衰えて、「オーラルフレイル」につながる恐れもあります。

 

「オーラルフレイル」は、口の機能低下、食べる機能の障がい、さらには心身の機能低下までつながる概念です。

オーラルフレイルを予防するには、お口の適切なケアとトレーニングをしていくことが重要です。

最近、むせる、食べこぼす、滑舌が悪くなった、やわらかいものを好んで食べるようになったという方は、歯医者さんで相談してみましょう。

 

       

 

日本歯科医師会では、オーラルフレイル対策、唾液の分泌の促進などを目的とした、簡単な体操やマッサージをホームページに掲載しています。

 

 

上記の「お口・舌の動きをスムーズにする」体操の他にも、

「飲み込むパワーをつける」

「噛むパワーをつける」

「滑舌をよくする」

「舌のパワーをつける」

の効果別に紹介した「オーラルフレイル対策のための口腔体操」がありますので、参考になさってくださいね🍀

 

https://www.jda.or.jp/oral_flail/gymnastics/

 

お口の健康は全身の健康につながります。

普段の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

「マスク・マウス」~マスクが引き起こす問題~

      お知らせ      なかや

皆さん、こんにちは。

新型コロナウイルス感染予防のために生活必需品となったマスクですが、このマスクによって肌荒れなどのトラブルに悩まされている方も多いようですね。

息苦しさや、夏ともなれば熱中症のリスクなどもマスクが引き起こす問題に挙げられますが、マスクの使用によって生じるリスクは他にもあること、ご存知ですか?

       

歯周病予防で認知症対策!

      お知らせ      なかや

遅ればせながらですが、明けましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

皆さまお元気でお過ごしでしょうか。

何かと慌ただしい師走があっという間に過ぎ、お正月は少しゆっくりされましたでしょうか。

2021年が始まりましたね。

今年は丑年。

牛歩のようにゆっくりとではあったとしても、着実に歩みを進めていく1年にしたいと思っています。

 

 

新年初の今日は、昨今新たに分かった認知症と歯周病の関係について、お伝えしたいと思います。

 

認知症には誰でもかかりたくないもの。

ご本人にも、介護されるご家族の方にも大きな負担がかかりますね。

でも平均寿命が高齢化するにしたがい、認知症疾患にかかる方も増加しています。

その認知症に、お口の病気、歯周病が認知症と大きくかかわっているのです。

 

 

認知症の7割を占めるアルツハイマー症は、アミロイドベータなどの異常なたんぱく質が脳に蓄積することが、発症や進行につながるとされています。

九州大学の准教授らの発表によると、歯周病菌が体内に侵入すると、脳内に溜まったアミロイドベータが10倍になるとの実験結果がでました。

つまり、歯周病の予防や治療によって、認知症の発症や進行を遅らせることができる可能性があるのです!

 

歯周病は国民病とも呼ばれるほど、有病率が高い病気。

30代以上では、3人に2人の歯周組織に所見が見られ、年代が上がるに従って症状が進行した人の割合が増加し、

対象となる歯を喪失していく70代ごろまで、その傾向は続きます。

しかし歯周病は、初期の段階では自覚症状があまりなく、自分でチェックするのも難しいため、自分が歯周病であると気づかない人も多くいます。

知らず知らずのうちにかかってしまい、進行していくところが、歯周病の怖いところなのです。

 

今年はお口の健康だけでなく、脳や全身の健康のためにも、定期チェックと歯周病の予防・治療をおススメします♪

 

いい歯ちゃんと悪い歯ちゃん

      お知らせ      なかや

こんにちは、歯科医院なかやです☺

11月8日は「いい歯の日」でした。

この日、2020年のベストスマイル・オブ・ザ・イヤーの授賞式が開催され、

俳優の上白石萌音さん、溝端淳平さんが「今年、最も笑顔が輝いた著名人」に選ばれました♪

キレイな歯と爽やかな笑顔、素敵ですね!!

 

    

 

以前、このブログで「いい歯は毎日を元気に」プロジェクトの動画をご紹介したことがありますが、今日は同じプロジェクトにアップされた新しい動画をご紹介しますね♪

 

プロジェクト第3弾

 

「いい歯ちゃんと悪い歯ちゃん~口呼吸やめよう~」

 

「いい歯ちゃんと悪い歯ちゃん~定期検診に行こう~」

 

https://www.jda.or.jp/public_relations/#third

 

    

 

お子様と一緒にご家族でご覧になってもいいですね!

 

お知らせ 飯田市 歯科|ママと子どもにやさしいファミリー歯科クリニック。口腔ケアや摂食嚥下障害治療と、在宅歯科治療もしています。

© Shika Nakaya All Rights Reserved.

PAGE
TOP